“Speaking Exchange” プロジェクトと銘打たれた、英語を学びたい人と話し相手が欲しいアメリカ人を結びつけて英会話レッスンを行うプログラム。
ブラジルの英会話学校が始めたものです。

英会話の需要が非常に高いベトナムですが、日本語学習にも応用できそうです。
ますます高齢化が進む日本。
日本語を学びたいベトナム人と話し相手が欲しい日本人高齢者を結びつけるのも面白いかもしれません。

Perfect Match: Brazilian Kids Learn English by Video Chatting With Lonely Elderly Americans
FCB’s touching work for a language school By Tim Nudd

May 7, 2014, 1:42 PM EDT

Perfect Match: Brazilian Kids Learn English by Video Chatting With Lonely Elderly Americans

It’s such a great, simple idea: Young Brazilians want to learn English. Elderly Americans living in retirement homes just want someone to talk to. Why not connect them?

FCB Brazil did just that with its “Speaking Exchange” project for CNA language schools. As seen in the touching case study below, the young Brazilians and older Americans connect via Web chats, and they not only begin to share a language—they develop relationships that enrich both sides culturally and emotionally.

The differences in age and background combine to make the interactions remarkable to watch. And the participants clearly grow close to one another, to the point where they end up speaking from the heart in a more universal language than English.

The pilot project was implemented at a CNA school in Liberdade, Brazil, and the Windsor Park Retirement Community in Chicago. The conversations are recorded and uploaded as private YouTube videos for the teachers to evaluate the students’ development.

“The idea is simple and it’s a win-win proposition for both the students and the American senior citizens. It’s exciting to see their reactions and contentment. It truly benefits both sides,” says Joanna Monteiro, executive creative director at FCB Brazil.

Says Max Geraldo, FCB Brazil’s executive director: “The beauty of this project is in CNA’s belief that we develop better students when we develop better people.”

http://www.adweek.com/adfreak/perfect-match-brazilian-kids-learn-english-video-chatting-lonely-elderly-americans-157523

『Adweek』より

ベトナム人も、日本人以上に英会話はできないです。
あと一応、実践で身に付けた立場から一言。
小学校1年生から教えても、今の教育方法では状況は変わらないと思います。

政治のことを話したくて、このニュースを取り上げたわけではありません(橋下さんの言動に対する批判でもないですので誤解のないように)。

僕の英会話「放置したのは自民政権」 維新・橋下氏

僕の英会話「放置したのは自民政権」 維新・橋下氏
2012年12月13日0時28分

■橋下徹・日本維新の会代表代行

 ゆとり教育を許してきたのは自民党政権だ。英語教育も、僕なんか10年たってしゃべれるのはグッドモーニングだけ。頭に来たので大阪市は小学校1年生から英語教育をやる。大阪市のこどもは高校卒業するまでに日常会話できる。国全体でやったらいいが、日本の英語の先生の職域を守るため、日本の教育委員会はやらない。英語の教員なんて(教員)免許なんかどうでもいい。アジアで英語をしゃべれないのは日本人だけ。僕も国際会議に呼ばれる。中国人も韓国人もベトナム人もタイ人も英語べらべら。僕だけ通訳がついている。みんなゲラゲラ笑いながら英語で会話している。僕は通訳入っているから1分後にゲラゲラ笑う。何でこんな人間になってしまったのか。日本の英語教師が英語をしゃべれないからだ。総入れ替えしたらいいが、教員組合は認めない。放置していたのは自民党政権じゃないか。(自民党政権に)もう一度戻すのか。僕は嫌だから、日本維新の会を立ち上げた。(福岡市内での街頭演説で)

http://www.asahi.com/politics/update/1212/OSK201212120173.html

『朝日新聞』より