テレビ東京で9/8(木)放送の「ワールドビジネスサテライト」。
その中の特集「LINEに続け! 海外マネー呼ぶ韓国企業」。

WBS ワールドビジネスサテライト 配達の民族 ウーワ・ブラザーズ

「ウーワ・ブラザーズ」という韓国のベンチャー企業による「配達の民族」という出前アプリが取り上げられていました。

WBS ワールドビジネスサテライト 配達の民族 ウーワ・ブラザーズ

国民的な「出前アプリ」開発 ウーワ・ブラザーズ(韓国)

ゴールドマン・サックスが約40億円を投資。

【ITビジネス最前線】韓国出前注文アプリ ゴールドマンから43億円調達

100億円以上の資金を海外から集め、海外展開も視野に入れているようです。

WBS ワールドビジネスサテライト 配達の民族 ウーワ・ブラザーズ

「ベトナム」と具体的に名前も出ていますが、将来進出してくるのでしょうか。

テレビ東京で7/28(木)放送の「ワールドビジネスサテライト」。
「トラベラーズボックス」が取り上げられていました。

https://www.facebook.com/wbsfan/posts/1129614400433502

トラベラーズボックス Travelers Box

トラベラーズボックス Travelers Box

トラベラーズボックス Travelers Box

トラベラーズボックス Travelers Box

トラベラーズボックス Travelers Box

手数料が高すぎますね。
でもありがたい。

ベトナムでは硬貨が根付きませんでした。
ハノイではお店だけでなく、バスに乗っても硬貨の支払いを拒否されたという話も聞きました。
ホーチミン市では嫌がられることはあっても拒否された経験は私はありません。
結局硬貨の発行は停止されたという経緯があります。

世界中で1米ドルだと何が食べられるかが紹介されていました。
ベトナムだとフォー1杯だそうです。
今だと22,000 VND程度。
正直ホーチミン市中心部でこの値段で食べられるところを私は知りません。
ホーチミン市でもかなり外れたところならありそうですが。

フリーペーパーを創刊したばかりの某情報サイトにはホーチミン市の物価状況についてこう書いてありました。

屋台では主に麺類。フォーやブンといった米粉麺が国民食。こちらは一杯75円。

更新日付は「2016年3月24日」です。
15,000 VND程度ということになります。
どこで食べられるのでしょうか。
それとも私が世間知らず?

Here’s What You Can Eat For $1 Around The World (20 pics)

Vietnam- a bowl of pho
フォーの値段

http://izismile.com/2016/03/31/heres_what_you_can_eat_for_1_around_the_world_20_pics.html

『Izismile』より

有用な資料なので紹介しておきます。

「2014年 海外情勢報告」(本文)

一括ダウンロードはできないのかな(もしあったとしたら見つけにくということで、それはそれで問題)。
あと目次ページがあるのに、クリックで飛べない。
ほんの少しのことだけど、ストレスを感じる。
こういうのはお役所って感じ。
改善してほしい(ほんのちょっとの気遣いなのに)。

厚生労働省「2014年 海外情勢報告」

「2014年 海外情勢報告」を公表します
~特集は「インド、インドネシア、タイ、ベトナムの職業紹介状況と失業保険制度~

 厚生労働省は、本日、「2014年 海外情勢報告」を公表します。「海外情勢報告」は、諸外国の労働情勢と社会保障情勢全般に関する情報を毎年取りまとめているもので、「特集」と「定例報告」で構成されています。

 今回の「特集」では、経済成長が著しく、日本企業の進出も活発なインド、インドネシア、タイ、ベトナムの職業紹介状況と失業保険制度について取り上げました。

 これら4か国へ進出する日本企業の多くは、経営上の問題点として、現地人材の能力・意識、従業員の質、幹部候補人材の採用難を挙げています。そこで日本企業の多くは、適切な人材を確保するために、民間の職業紹介事業者の利用に加え、それぞれの企業による募集活動も行っています。
 また失業保険は、失業中の労働者の生活を保障し、早期の再就職を促進するものとして職業紹介とも密接な関係にありますが、これらの国では必ずしも十分に機能しているとは言えない状態です。
 今後、各国企業の現地進出に伴い、より一層、人材の獲得競争が進むことが予想されるため、現地の人材をいかに育成していくかも課題となってきます。

 「定例報告」では、2014年の欧米、アジア諸国、豪州の雇用・失業情勢と労働・社会保障施策を紹介しています。例えばドイツでは、従来、労働条件は労使自治による労働協約に委ねることが原則とされてきましたが、2015年1月から法定の最低賃金が適用されるなど、さまざまな動きが見られました。

「2014年海外情勢報告」(全体版)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000078412.html

『厚生労働省』ホームページより

昨日「Made in Vietnam」についての記事を書きました。 ※8/14(木)の記事
「Made in P.R.C.」ってご存じですか?
「Made in China(メイド・イン・チャイナ)」のイメージの悪さから、中国製の表記を変更したものです。
「P.R.C.」とは中華人民共和国の英語表記「People’s Republic of China」のこと。

Made in P.R.C. メイド・イン・チャイナ Made in China 中華人民共和国 People's Republic of China

以前アメリカのサングラス「Gargoyles(ガーゴイルズ)」についての記事を書きました。 ※2013/1/14(月)の記事
以前は「Made in U.S.A.」でした。

Gargoyles ガーゴイルズ

今は「Made in China(メイド・イン・チャイナ)」。
英語のレビューでも「2004年以降は中国製になったので気をつけろ」といったものがありました。

Gargoyles ガーゴイルズ

表記を変えてごまかすのではなく、「Made in China(メイド・イン・チャイナ)」の品質を向上させようという気持ちは...
ないか。

K社長からのプレゼントで自宅にトミカが届きました。
「Made in Vietnam」とありました。
今後もっと「Made in Vietnam」が目につくようになるでしょうね。

トミカ Tomica タカラトミー Tommy

以前ベトナムへのおみやげに日本のGAP(当時ベトナムには進出していなかった)でシャツを購入したことがあります。
「Made in Vietnam」でした。 ※2011/8/26(金)の記事

GAP、ベトナム進出、10月にホーチミン店