3月の消費者物価指数(CPI)です。

3月CPIは前年同月比+4.39%上昇、09年11月以降の最低値
2014/03/26 18:08 JST配信

 統計総局は2014年3月の消費者物価指数(CPI)を発表した。それによると、3月のCPIは前月比で▲0.44%低下し、2008年12月以降の最低値となった。また、前年同月比では+4.39%の上昇だったが、こちらは2009年11月以降の最低値となっている。

 3月のCPIが前月比でマイナスとなった要因として、「食料品・飲食サービス」が大幅に低下したことが挙げられる。同項目は前月比▲0.96%と、全項目の中で最も低下している。その背景には、テト(旧正月)に向けて上昇していた商品価格がテト明けに伴い値下がりしたこと、鳥インフルエンザの拡大により、消費者の間で鶏肉購入を控える傾向が強まっていること、などがある。

 下記のチャートは2010年~2014年の前年同月比CPI推移を表したもの。

3月CPIは前年同月比+4.39%上昇、09年11月以降の最低値

http://www.viet-jo.com/news/statistics/140324082458.html

『VIETJOベトナムニュース』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation