ベトナム南部は雨季です。
スコールに伴って、強い雨がよく降ります。
昨日、今日と夕方にかなり激しい雨が降りました。

最近は雨が降っても涼しくないことが多いような気が。
湿度が上がって、非常に不快な時も。
降るんだったら、涼しくなってもらいたいな。

スコール 驟雨 雨季 雨期

ベトナム人はベトナムドンを信用していません。
日本人からすると驚きですが、自国の通貨を信用できる方が世界で見れば珍しい。

ベトナム、28日から通貨ドンの対ドル基準値を1%切り下げ

ベトナム、28日から通貨ドンの対ドル基準値を1%切り下げ
2013年 06月 27日 19:49 JST

[ハノイ 27日 ロイター] – ベトナム中央銀行は27日、通貨ドンの対ドル基準値を現在の1ドル=2万0828ドンから1%切り下げ、2万1036ドンとすると発表した。28日から実施する。基準値の切り下げは市場の予想範囲内。

中銀は、声明で「調整は外貨の需給をより正確に反映させ、外国為替市場を安定させることが狙い」としている。

取引の1日の許容変動幅は、中銀が設定する基準値から上下1%、または1ドル=2万0826─2万1246ドンのレンジ内。

基準値は2011年12月24日以降、変更されていない。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE95Q09J20130627

『REUTERS(ロイター)』より

6月の消費者物価指数(CPI)です。

6月のCPIは前年同月比+6.69%上昇、前月比では+0.05%上昇
2013/06/27 15:37 JST配信

 統計総局は2013年6月の消費者物価指数(CPI)を発表した。それによると、6月のCPIは前月比で+0.05%上昇、前年同月比で+6.69%上昇した

 下記のチャートは2012年および2013年の前年同月比CPI推移を表したもの。

6月のCPIは前年同月比+6.69%上昇、前月比では+0.05%上昇

http://www.viet-jo.com/news/statistics/130625104140.html

『VIETJOベトナムニュース』より

昼に家の前で何やら設営が始まりました。
一軒隣の子供の1歳の誕生日だそうです。
ベトナムでは子供の1歳の誕生日を盛大に祝います。
でもご覧の通り、完全に道を塞いでいます(もちろん許可とかそんなのはありません)。

まあ、これくらいなら「ああ、ベトナム」で私も我慢できます(迷惑だけど)。
夜に始まるパーティの前に、カラオケの準備がされるや大音量で音楽が鳴らされました。
それもディスコ曲。
悪口は言いたくないけれど、本当にバカなんだなあ~と思う時です。
結婚披露宴の前にも、ガンガンディスコ曲かけたりするし。

まあご近所さんなんで、もめたくないし、娘さんのお母さんに「何時頃終わるんですか」、「パーティ中は我慢しますが、それまでは音量絞ってください」とさり気なくアピール。
21:00終了とのこと。

一歳 1歳 誕生日

夜になると大音量のカラオケパーティ。
まあ我慢します。
さて予定通り誕生日会自体は21:00で終了。
安心したのも束の間、設営が撤去された後もカラオケは続きます。
夜中になっても続いています
...バカ。

一歳 1歳 誕生日

ベトナムとは直接関係ない記事です。
昨年ここを訪れました。
景気は良くなって欲しいですが、やはり価格(特に食料品や日用品)はあまり上がってほしくないですね。

ホーチミン市に数軒ラーメン店があります。
日本人にも耐えうる店はあったのですが、現時点では味が落ちて全滅状態です。
期待値が上がってしまったのではなく、味が落ちたのです。
私だけの意見ではなく、直接在越者からも同じ言葉を聞きました。
そう言っている人も多いという話を聞きます。
ホーチミン市でも美味しいラーメン食べられないかな。

「元祖長浜屋」については下記を見てみてください。

【福岡】博多長浜ラーメンの元祖中の元祖『元祖長浜屋』に行ってみた / タクシー運転手から『長浜屋』にまつわるイイ話も飛び出した!

「元祖長浜屋」25%値上げへ ただし替え玉は据え置き
2013年06月23日11時37分

「元祖長浜屋」25%値上げへ ただし替え玉は据え置き

元祖長浜屋のラーメン、400円。7月1日から500円に値上げする=福岡市中央区

「元祖長浜屋」25%値上げへ ただし替え玉は据え置き

元祖長浜屋の店頭には、16年ぶりの値上げのお知らせが出ている=福岡市中央区

「元祖長浜屋」25%値上げへ ただし替え玉は据え置き

元祖長浜屋の店頭には、16年ぶりの値上げのお知らせが出ている=福岡市中央区

「元祖長浜屋」25%値上げへ ただし替え玉は据え置き

元祖長浜屋の店頭には、16年ぶりの値上げのお知らせが出ている=福岡市中央区

「元祖長浜屋」25%値上げへ ただし替え玉は据え置き

元祖長浜屋の店頭には、16年ぶりの値上げのお知らせが出ていた=22日午前2時7分、福岡市中央区

【村上晃一、大畑滋生】ラーメンの替え玉発祥の店として知られる「元祖長浜屋」(福岡市中央区長浜2丁目)が、1杯400円のラーメンを7月1日から25%値上げし、500円にする。原材料に使う輸入の小麦や油の価格が円安で大きく上がっているためで、電気料金の引き上げや消費税の増税も織り込んだ。

値上げは1997年4月以来、16年ぶり。店頭では「価格変更のお知らせ!」と書いた案内を20日から張り出した。来春に消費税率が5%から8%になっても再値上げはしない方針で、2008年に50円から100円に上げた替え玉と替え肉の価格は据え置く。

同店の山本和子社長(63)は「常連さんにはかなりの負担になる。客が離れるのは怖いが、もう限界。苦渋の決断です」と打ち明ける。安倍政権の経済政策「アベノミクス」で進んだ円安の影響が、ラーメンの価格にも波及した形だ。

元祖長浜屋の近くには「替え玉システム」を売りにした店や屋台が複数あり、多くは1杯400円と同じ値段。周辺の店は「今のところ値上げの予定はない」という。だが、原材料価格の高騰は共通の悩みだけに、追随する可能性はありそうだ。

http://digital.asahi.com/articles/SEB201306220016.html

『朝日新聞』より

怖いんじゃなくて、腹が立つからベトナムでは運転したくない。

バイク天国のホーチミン 道路横断は“チキンレース”
2013.6.19 13:27

バイク天国のホーチミン 道路横断は“チキンレース”

バイク天国のホーチミン市内。手前左の男性は前後に子供を乗せていた

 「ゆっくり見えるように渡ってください。怖くなり急いで渡ってぶつかった日本人がいました」。バイク天国・ホーチミンで現地ガイドが道路の横断方法を指南した。交通量が多くても信号はほとんどない。4車線はある主要道路に恐る恐る足を踏み入れ、向かってくるバイクを見ながらゆっくり進む。

 こちらに気付かず減速しなかったら…。しかし怖くなって走り出したら負け。「自分が避けるのではなく、相手に避けさせるのです」。まるでチキンレースだ。渡り終えるまでの十数秒、気温38度と蒸し暑い上に緊張したせいで全身がじっとりするくらい汗をかいてしまった。

 ベトナムではバイクを「ホンダ」と呼ぶそうだ。コーヒーは「ネスカフェ」、紅茶は「リプトン」と商品名がそのまま定着することが多いという。「人気のバイクはホンダとヤマハ。ヘンダとヤマザという偽物もあるけど故障が多くてダメ」

 ラウンドアバウト式の円形交差点にものすごい数のバイクが行き交う。スリル満点、よくぶつからないものだと感心していると「事故は多い」とガイド氏。後部シートに客を乗せるバイクタクシーが盛んに道端で客引きしていたが、「絶対に乗らないように」と釘を刺されてしまった。

 ベトナムの交通ルールでは大人2+子供1まで許される。大人2人に挟まれた状態で子供が座るケースがほとんどだが、前のステップ部分や後部座席に子供を立たせることも。速度が出ているから曲芸を見ているようだ。大人3、大人2+子供2の違反車や過積載も目立った。

 バイクの所持率を尋ねると「3人に1台くらい」とあいまいな答えが返ってきた。一家に1台はあるといったところか。一方、関税が200~300%と高いため乗用車の所持率は人口の3%未満という。道路の主役はバイクになり、街中ではバイクの間を縫うように乗用車が走る。

 ベトナムでは絹織物が盛んで工場で働く女子工員もバイク通勤がほとんどだった。製糸場といえば日本では「女工哀史」のイメージが強いが、中部の古い港町・ホイアンで見学した工場兼直売所は明るい職場に感じた。

 女子工員には1軍、2軍があるらしく屋内にある見学コースの縫製場は冷房が入っているが、駐輪場と鉄柵で仕切られた半屋外の縫製場をのぞくと扇風機のみ。それでも話し声が絶えず工場特有のピリピリとした雰囲気は皆無で、どこかのんびりとしている。

 絹糸を縫い込んで絵画と見紛うような織物を作製する根詰めた作業を終えると、女子工員たちはバイクにまたがってさっそうと帰っていく。排気ガスから喉を守るために月光仮面のようなマスク姿も。残業の習慣はないそうだ。

 同行者が直売所でスーツやシャツなどを物色している間、暇だったので無数にある駐輪場のバイクの中からヘンダとヤマザを注意深く探してみたが見つからなかった。偽物は淘汰されたのか、それともより精巧になったのか。(産経デジタル)

 取材協力/ベトナム航空

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130619/trd13061913320008-n1.htm

『MSN産経ニュース』より

以前にもマック進出の話はありましたが、結局実現せず。
今回各種ソースからは蓋然性が高そうですが、在越者は冷めた感じで見ているような気がします。

私が最後にマック食べたのはK社長とだったような。
タダ券もらってもK社長にあげちゃうくらいだから、進出しても私は利用しないな。
ベトナムに初めて来た人に「マックってないんですか?」ってよく聞かれるので、今回取り上げました。

米マクドナルド、ベトナム進出 長期的に100店舗、販売競争過熱へ
2013.6.19 10:00

米マクドナルド、ベトナム進出 長期的に100店舗、販売競争過熱へ

フィリピン・マニラにあるマクドナルドの店舗。同社はいよいよベトナムにも上陸する(ブルームバーグ)

 外資ファストフードチェーンのベトナム参入が相次ぐなか、米マクドナルドがいよいよベトナムに進出する。成長を続けるベトナムの消費市場をめぐり、今後、同国ファストフードの販売競争が一段と過熱しそうだ。

 現地紙ベトナム・インベストメント・レビューによると、マクドナルドの経営幹部がベトナムを訪れ、2年以内にホーチミン市内に2店舗を出店、その後はハノイ進出も視野に入れ、長期的に100店舗まで増やす計画を明らかにした。

 今後、新鮮な食材を調達するための供給網の整備や店舗スタッフの育成を進めるという。

 ベトナムにはすでに米ケンタッキーフライドチキン(KFC)や韓国ロッテリアが参入、それぞれ100店舗以上を展開している。昨年10月には米バーガーキングも同国に進出、ホーチミンに11店、ハノイに6店と店舗数を拡大している。米スターバックスも今年2月、ホーチミンに第1号店をオープンさせた。

 一方、フライドチキンを中心とした米ポパイズは、現地需要を取り込めず今年初めに撤退するなど、同国市場参入の難しさも露呈した。

 ベトナム商工省によると、同国ファストフード市場は、2011年には前年比30%増の8700億ドン(約39億1800万円)に達している。(シンガポール支局)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130619/bsk1306191001006-n1.htm

『SankeiBiz(サンケイビズ)』より