ノーコメント。

「日本人・フィリピン人・ベトナム人・犬は入店お断り」、北京飲食店に掲示
2013年02月28日 15:46

「日本人・フィリピン人・ベトナム人・犬は入店お断り」、北京飲食店に掲示

中国・北京(Beijing)の飲食店の店頭に掲げられた「日本人、フィリピン人、ベトナム人、犬の入店お断り」の掲示(2013年2月26日撮影)。(c)AFP/Mark RALSTON

【2月28日 AFP】(一部更新)中国・北京(Beijing)の飲食店の店頭に「日本人、フィリピン人、ベトナム人、犬の入店お断り」との張り紙が掲示され、関係国のインターネット上で激しい怒りを巻き起こしている。張り紙は28日までに撤去されたが、店主は謝罪を拒否している。

 問題の張り紙を掲げたのは観光客に人気の紫禁城(Forbidden City)近くの飲食店。写真がSNS最大手フェイスブック(Facebook)に投稿されたことで騒ぎとなり、フィリピンとベトナムでは27日、新聞各紙やインターネット上のフォーラムで大きく取り上げられた。

 ベトナム国営紙トイチェ(Tuoi Tre)は「非難に値する中国の行き過ぎた国粋主義」と伝えた。この記事のインターネット版のコメント欄には、ある読者から「これは愛国心ではない、ばかげた過激思想だ」との意見が書き込まれた。

 一方、フィリピンの人々は、この掲示に怒りをおぼえる反面、楽しんでもいるようだ。あるジャーナリストがマイクロブログのツイッター(Twitter)に投稿した「北京の飲食店でのあからさまな人種差別」とのツイートが多数のユーザーに共有される一方、ニュースサイトのコメント欄には「どうでもいいよ、あいつらは何でも食うんだからさ。それこそ、胎児だって爪だって食っちまうんだ」との書き込みもみられた。

 ベトナムとフィリピンは南シナ海の領有権問題で中国と争っており、日本は尖閣諸島(Senkaku Islands)の領有権問題をめぐって中国との関係が緊張化している。

■「謝罪しない」と店主

 この張り紙の文言は、かつて英国の植民地時代の上海(Shanghai)の公園にあったとされる「中国人と犬お断り」の掲示を想起させる点で、扇動的と受け止められている。

 張り紙は28日までに撤去されたが、AFPの取材に応じた店主の王(Wang)さんはその理由を「騒動になり、電話が殺到して困ったから」と説明する一方、張り紙をしたことについては「全く後悔していない」と断言し、謝罪するつもりはないと語った。

 王さんはまた、張り紙の意図が誤解されているのではないかとも指摘。「たぶん、みなさんは(張り紙の)意味を誤解しているんでしょう。ただ、これらの国からのお客さんには食事を提供しませんと言っているだけです」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2931493/10365072

『AFPBB News』より

同じ日本人として、このように活躍してくれて嬉しいですね。
最近散歩してて、またまお話したのが、この日本人のお一人でした(後で、スケッチに掲載されているのを知りました)。
ベトナム社会は狭いですね(笑)。

ベトナム人建築家ギア氏らデザインの住宅、「Building of The Year 2012」受賞
http://www.vietnam-sketch.com/201201115245

ベトナム人建築家ギア氏らデザインの住宅、「Building of The Year 2012」受賞
2013/02/22 12:13 JST配信

ベトナム人建築家ギア氏らデザインの住宅、「Building of The Year 2012」受賞 ベトナム人建築家ヴォ・チョン・ギア氏と日本人建築家佐貫大輔氏、西澤俊理氏のデザインしたホーチミン市の住宅「Stacking Green(緑の積み重ね)」が、米国の建築系ウェブサイトArchDailyの選ぶ「Building of The Year 2012」を受賞した。18日付カフェエフが報じた。

この住宅は、ベトナムらしいウナギの寝床のような幅4メートル、奥行き20メートルの敷地の特徴を活かして建設されたもの。前面に設置された緑の層には自動散水装置が取り付けられ、屋上も緑地になっており、景観の良さだけでなくホーチミン市の暑い気候と調和する工夫が凝らされている。

ギア氏は日本に留学経験があり、2005年に修士課程の研究「ベトナム古民家と都市における風環境の研究と設計活動」で東京大学総長賞を受賞。ベトナム帰国後、設計事務所ヴォ・チョン・ギア・アーキテクツを立ち上げ、これまでに数々の国際的賞を受賞し、2012年には米国の建築雑誌「アーキテクチュラル・レコード」の注目すべき設計事務所10選に選ばれている。

住宅「Stacking Green」は、米国のシカゴ建築・デザイン博物館の「国際建築賞2012」でも最優秀ニューグローバルデザイン賞を受賞している。

http://www.viet-jo.com/news/social/130221030841.html

『VIETJOベトナムニュース』より

現在、MMA(総合格闘技)の選手「Arnaud “The Game” Lepont」がHCMCに滞在していて、昨日から我が「サイゴン柔術」の練習に参加しています。
本日は、特別にキックボクシングのクラスで主にMMAのスタンディングテクニックをレクチャーしてくれました。
多くのベトナム企業はテト休暇中ですが、私には関係なし(ベトナム従業員の分までやらなきゃいけないので、逆にいつもより大変)。
どうにかやりくりして参加しました。

サイゴン柔術 Saigon Jiu-Jitsu SJJ ブラジリアン柔術 グラップリング 寝技 MMA 総合格闘技

ありがとうArnaud!

サイゴン柔術 Saigon Jiu-Jitsu SJJ ブラジリアン柔術 グラップリング 寝技 MMA 総合格闘技

E-mail:sjj@saigonjiujitsu.com
WEB:http://www.saigonjiujitsu.com/jp/

サイゴン柔術 Saigon Jiu-Jitsu SJJ ブラジリアン柔術 グラップリング 寝技 MMA 総合格闘技

本日、「海外行くならこーでね~と!」という番組を見ていたら、今回のテーマはホーチミン市でした。
「迫田陽子」さんという方は存じ上げないのですが、良いセンスしているなって思いました。

しじみご飯は、日本人が食べたら、ほどんとの人が「美味しい」っていうと思います。
でも観光客にはマイナーですよね(存在すら知らない人の方が多い)。

「Mi Tau」というフエ料理のお店は行ったことがない。
今度行ってみよう。

海外行くならこーでね〜と! ベトナム・ホーチミン 迫田陽子
http://www.tv-tokyo.co.jp/coordinate/backnumber/130126.html