ベトナムの「Mì(中華麺)」はおいしくない。
赴任からずっとベトナム料理ばかり好んで食べてきた私の意見。
赴任直後に、夜遅くなのに客で混んでいる「Mì(中華麺)」のお店に入ったことがあります。
高くて美味しくないとブログに書きました。  ※2008/3/19(水)の記事
ただ最近は味覚が多少ベトナム人化してきてしまったのか、たまに好んで食べるように。

そのブログに書いた店ですが、在越日本人のブログで紹介されていたのをいくつか見かけました。
店の名前は「Lượng Ký Mì Gia」。
両方ともローカルの美味しいお店という紹介でした。
本日ここで食事したので、今回記事にします。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

場所はホーチミン市Bình Thạnh(ビンタィン)区の「Chợ Thị Nghè(ティゲー市場)」近くの多交差点。
1区のNguyễn Thị Minh Khai(グエンティミンカイ)通りを北東に進むと、「Thảo Cầm Viên Sài Gòn(サイゴン動植物園)」が右手に見えます。
そのまま「Cầu Thị Nghè(ティゲー橋)」を渡るとBình Thạnh(ビンタィン)区です。
ちなみに以前事故があった橋です。 ※2009/11/17(火)の記事

橋を渡ってすぐを右に少し入ったところに「Chợ Thị Nghè(ティゲー市場)」があります。
そこのすぐ近くです。
どうでもいいですが、「ティゲー」って書いても、とても「Thi Nghe」を指しているとは思えません(こう発音してもベトナム人にも在越外国人にも絶対通じない)。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

3年以上前に入ったときの愛想の良い可愛い子はいなかった。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

ベトナム語で「Há Cảo」。
4個入りで 14,000 VND(本日のレートで約55円)。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

「Bò Kho(ビーフシチュー」。
フランス統治時代にもたらされたものの一つ。
「Bánh Mì(ベトナム風フランスパン)」がついてきます(ついてこなかった店を見たことがありません)。
21,000 VND(本日のレートで約83円)。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

蒸したアヒルが豪快に入っている「Mì Vịt Tiềm」。
55,000 VND(本日のレートで約218円)。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

向かいの店舗前のスペースも借りて営業しています。
ややこしいのは隣接する他の店も麺関連の屋台を出しているということ。
明確な区切りがあるわけではなく、座ってみたら隣の屋台の店だったということもありえます。
まあ、知っている人でなければこちら側に来ることはないわけですし、、店舗側が満席の時には店の人がこちらへ連れてくるので心配はないでしょう。
この店が目当てでなければ、どこの店でも良いと思います(全部食べましたけど、普通においしい)。
ああ、でもやはり日本のラーメンが食べたい。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

Phan Văn Hân通り、Nguyễn Văn Lạc通り、Huỳnh Tịnh Của通りなど計5本の道路が交差しています(Hẻmを入れれば6本)。
ここを横断するときは気をつけてください。

Lượng Ký Mỳ Gia 1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

2人で 102,000 VND(本日のレートで約404円)。


店舗名:Lượng Ký Mì Gia
住所:1 Huỳnh Mẫn Đạt, P. 19, Q. Bình Thạnh

写真は左から

  • Hồng Vân(ホン・バン)
  • Thanh Thúy(タイン・トゥイ)
  • Quế Trân(クエ・チャン)

です。

ホーチミン市人民評議会議員選挙、芸能人3人当選

ホーチミン市人民評議会議員選挙、芸能人3人当選
2011/05/31 13:23 JST配信

ホーチミン市選挙管理委員会は26日、22日に投票が行われた第8期(2011~2016年)同市人民評議会議員選挙の結果を発表した。26日付VNエクスプレスが報じた。

当選者は95人。得票率が最も高かったのは、共産党ホーチミン市委員会副書記兼市人民委員会主席のレ・ホアン・クアン氏で80%を超えた。他に6人が70%を超える得票率で当選した。当選者には女性歌手タイン・トゥイ、女優クエ・チャン、女優ホン・バンの芸能人3人も含まれる。

当選者95人のうち、35歳未満は12人、女性は21人、再選者は17人、共産党員は85人。職業別では、公務員が32人、党専従者が15人、団体専従者が13人、実業家が11人、その他が24人だった。

http://www.viet-jo.com/news/politics/110531095102.html

『VIETJOベトナムニュース』より

私のところには9日も前の5月22日にこのメールが来ました。
Gmailの迷惑メールフィルタにひっかかりませんでした。

英語のメールですが、違反動画に対する警告メッセージです。
YouTubeのロゴが使用されており、シンプルで送信元は「service@youtube.com」となっています。
本物だと思う人いてもおかしくないですね。

しかし東日本大震災があった直後にも出会い系などの迷惑メール流していたやつらはぶん殴ってやりたい。

「YouTube」からの偽メールに注意、マカフィーが警告
2011年5月30日 13:20

米国 McAfee 日本法人のマカフィーは2011年5月30日、ビデオ共有サービス「YouTube」からの警告メールを装うスパム行為が広まっているとして、注意するよう呼びかけた。米国の祝日「Memorial Day(戦没将兵追悼記念日)」が近いことから、こうしたスパム キャンペーンが発生したとみられる。

このスパムは、YouTube に投稿された不正動画に関する警告メールを装っている。メールに記載されているリンクをクリックすると、カナダの薬局 Web サイトに誘導される。マカフィーによると、YouTube がこのようなメールを送信することはない。

なお、スパマーやサイバー犯罪者は、話題に上りやすい祝日などに便乗してスパム キャンペーンや攻撃を仕掛ける傾向があるそうだ。今回も、Memorial Day に関するバナーが多くのキャンペーンで使われていることを確認しているという。

「YouTube」からの偽メールに注意、マカフィーが警告

YouTube からのメールを装うスパム

「YouTube」からの偽メールに注意、マカフィーが警告

スパムの誘導先 Web サイト

http://japan.internet.com/wmnews/20110530/2.html

『japan.internet.com』より

「勤務中の飲酒って!」なんて思われるかもしれませんが、実際私は目の前で見ていますからね。
制服のままジョッキで3,4杯飲んで、その後バイクで勤務に戻るという現場を。 ※2008/04/12(土)の記事

警察官の綱紀粛正、勤務中の読書、飲酒などを禁止 ベトナム
2011年05月29日 17:12

警察官の綱紀粛正、勤務中の読書、飲酒などを禁止 ベトナム

ベトナム・ハノイ(Hanoi)の検問所に配置された警察官(2006年11月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/Laurent FIEVET

【5月29日 AFP】ベトナム公安省が、公共の場所で勤務中の警察官に、黒いサングラスの着用、おしゃべり、喫煙、そしてポケットに手を入れたままにすることを禁止した。国営英字紙トイチェー(Tuoi Tre)の英語版ウェブサイトが28日、報じた。 

これによると、公安省は警官らに対し、「適切なマナーを守り、勤務中は正しい配置につくように」とも指示している。「つまり、交通警官が木の後ろで待ち伏せして罰金を取ることは許されない」(公安省)

また、勤務時間内に本を読んだり、仕事と関係ない電話をかけたり、飲酒したり、違法に公道を占有する飲食店で食事をしたりすることもこれからは禁止するという。

ベトナムの警察は汚職がはびこっているとして評判が悪い。特に交通警官は「腐敗しきっている」と、市民の評判がすこぶる悪い。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch)は2010年の報告書の中で、「広範囲で行われている警官の残虐行為」について調査するようベトナム政府に要請している。同団体によるとその前年、ベトナムからは警官による19件の暴力事件と15人の死亡事例が報告されている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2802950/7277816

『AFPBB News』より

《6/1(水) 追記》

そんなことまで?マナー改善のためベトナム警察に新たな禁止事項
2011年06月01日 11:34

そんなことまで?マナー改善のためベトナム警察に新たな禁止事項

警察も国ごとにカラーは異なるものですが、やはり市民を守る立場である以上は、規律正しくマナーが良い方が好ましいと言えます。

ベトナム警察のイメージは、サングラスにタバコと、かなりいかついものだったのですが、規律を正す意味で新たに多くの禁止事項が加わりました。

新しく導入された規律の中には、公共の場で「サングラスをかけない」「喫煙をしない」「読書をしない」「ポケットに手を突っ込まない」などが含まれています。

公共にふさわしいマナーを保ち、任務は正しい姿で遂行するべきというのが理由で、これにより交通課の警察が罰則を課すため木陰に潜んで張っているといったことも出来なくなりました。

上記の内容の他に、無駄話や仕事と関係のない電話もしてはいけないとされ、さらに勤務中や警察署内での飲酒も禁じられました。

飲酒については場所や時間を問わず泥酔してはならず、違法に歩道まではみ出して運営しているレストランなどを利用することも出来なくなりました。

厳しいと思うものから、そんなにマナーが悪かったのかと思うものまでありますが、警官が率先して市民の模範となることで、治安や風紀を向上させたいようです。

日本の警察もノルマ達成のため、わざわざ間違えやすい交通標識の後ろで取り締まりをしていることがあるだけに、ベトナムのマナー改善から学ぶところはありそうです。

Vietnam police banned from wearing sunglasses

http://labaq.com/archives/51669241.html

『らばQ』より

ホーチミン市1区のMac Dinh Chi通りにあった「Barbecue Garden(Mac Dinh Chi店)」が閉店して、ようやく新しい店が4月20日にオープンしました。
とにかくこの場所はテナントがよく変わる。 ※2009/10/10(土)の記事
「Barbecue Garden(Mac Dinh Chi店)」もそこそこ客が入っていたが、撤退した。
それ以前の店はすべて3ヶ月ですぐ閉店。
賃料がかなり高いんだろう。

ベトナム人の友人からうどんを食べに行こうと誘われた。
オープンしたばかりの「えびす」。
「野らぼー」と「でですけ」のコラボ店。
予約なしで行ったのだが、金曜の夜ということもあってか30分待たされた。

うどんと炭火焼 えびす EBISU 35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1

子供連れも含め盛況。
つくねの唐揚げ。

うどんと炭火焼 えびす EBISU 35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1

天ぷらの盛り合わせ。
確かメニューでは「Mix特盛り」とか何かそんな感じだった。
値段からしても、ちょっと名前負け。

うどんと炭火焼 えびす EBISU 35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1

海老おろしうどん。
汁は日本のものそのままではなく、ベトナム人にもおいしいと感じるように少しアレンジされていると思うのですが。
Phở(フォー)に慣れた私ですので、それはそれでOKです。

うどんと炭火焼 えびす EBISU 35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1

牛すじカレーうどん。

うどんと炭火焼 えびす EBISU 35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1

讃岐うどん。

うどんと炭火焼 えびす EBISU 35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1

串焼きは高いですね。
今回はうどんメインで行ったので、オーダーしませんでした。

ランチでうどん食べに行くのであればリーズナブル(私にとっては許容範囲という意味)だと思います。
それ以外は自腹では行きません。

10%のサービス料がかかります。

3人で 677,000 VND(本日のレートで約2,676円)。


店舗名:うどんと炭火焼 えびす(EBISU)
住所:35 Bis Mạc Đỉnh Chi, P. Đa Kao, Q. 1
WEB:http://ebisu-vn.asia/

ハロン湾で痛ましい事故が2月におきました。 ※2/17(木)の記事
なのに5月にも同じハロン湾で観光船が沈没するという事故が(幸い死者は出ませんでしたが)。

写真はDin Ky(ジンキー)号。
3歳のこどもの誕生日会でしたが、お母さんとこどもは遺体で発見されました。
お母さんはこどもを抱え、こどもはお母さんの首に両手で抱きついていた状態だったそうです。

相次ぐ観光船沈没でツアーのキャンセルが多発

相次ぐ観光船沈没でツアーのキャンセルが多発
2011/05/26 08:30 JST配信

観光船の沈没事故が相次いでいる。2月に東北部クアンニン省ハロン湾で観光船チュオンハイ号が沈没し乗船客ら12人が死亡。5月に入ってからは、8日に同じくハロン湾で観光船が沈没、20日に東南部ビンズオン省サイゴン川で、水上レストラン用観光船が沈没し、子供の誕生会をしていた乗船客ら16人が死亡した。24日付サイゴンタイムズ紙(電子版)が報じた。

このような状況の中、観光船ツアーもキャンセルが相次ぐ事態となっている。ある旅行会社の社長は、「事故の主な原因は当局が監視・検査を怠った結果だ。このような沈没事件が続けざまに起きたことは、ベトナム観光業のイメージを著しく悪化させている」として、水上観光事業は今後、厳しい状況を迎えるとの見方を示している。

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/110524083238.html

『VIETJOベトナムニュース』より