3年前の2月25日に私の赴任生活が始まりました。
今日で丸3年経ちました。
長いような短いような。 

3日前に載せた記事の「サブウェイ」に行ってきました。 ※2/22(火)の記事
昨年の8月にオープンとニュースでは言っていましたが、ようやくホーチミン市1区のPham Ngu Lao通りにオープンしました。 ※2010/3/19(金)の記事2010/8/31(火)の記事

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

注文スタイルは日本(米国?)と同じです。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

あまり広くない店内。
奥側から見た風景はこんな感じです。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

私以外は少食。
Footlongを2つ、3人でシェアしました。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

SUBWAYをまったく知らなかった地元のベトナム人の女の子に注文は全部任せました。
やはり何が好みかよく分からないのは当然。
オリーブが入ってておいしくないとの意見(私もおいしくないと思った)。
もう一人は「おいしい」って食べていましたが。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

サンドイッチがあまり美味しくないと言っていた子はこのクッキーがおいしいって言っていました(写真撮る前に食べちゃいましたが)。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

店員に尋ねず、ドリンクを数回お替りしましたが、何も言われませんでした。
アメリカと同様なのだと思います(日本は違う)。 

以前アメリカから帰国直後に日本のサブウェイに行きました。
そこはドリンクがセルフだったのですが、店員に「refill freeですか?」と聞きました。
一瞬「えっ?」て顔をされましたが「ハイ」とはっきり答えました。 

あとでお替りしていたら注意されました。
店員の女の子は「refill free」の意味が分からず「セルフサービスですか?」と聞いたのかと勝手に解釈したとのこと。
まあ、「おかわり自由ですか?」という日本語がとっさに浮かばなかった私も悪いのですが。
でも「やめてください!」って悪人扱いされたのは非常に不愉快でした。 

テーブル数も少ないですね。
入り口側からの写真です。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

営業時間は下記の通りです。 

SUBWAY サブウェイ 171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1 

3人で 260,000 VND(本日のレートで約1,014円)。 


店舗名:SUBWAY
住所:171 Phạm Ngũ Lão, P. Phạm Ngũ Lão, Q. 1

インドでも食料品の高騰に対するデモが起きたりしていますが、ベトナムでも最近の物価高はひどいですね。
バイクを乗っていない地元の女の子が「私は自転車だから関係ない」なんて笑っていましたが、価格に転嫁されて結果的に跳ね返ってくることを理解できないんでしょうね。
観光客や高給取りの駐在員にとってはまだベトナムは安いと感じるのかもしれませんが、在住者にとっては非常に困る問題です。

ガソリン価格、17.7%引き上げ1万9300ドンに

写真は Vnexpress より

ガソリン価格、17.7%引き上げ1万9300ドンに
2011/02/25 04:58 JST配信

 財政省は24日、ガソリン1リットル当たりの小売価格を1万6400ドン(約63.0円)から1万9300ドン(約74.2円)へ17.68%引き上げることを認可し、同日10時から石油関連製品販売業者に新価格の適用を実施した。24日付カフェエフが報じた。

 今回の石油関連製品の値上げ幅は次の通り。▽ガソリン:1リットル当たり2900ドン(約11.1円)、▽ディーゼル:同3550ドン(約12.8円)、▽軽油:同3100ドン(約11.9円)、▽重油:1キログラム当たり2110ドン(約8.1円)――。

 今回の値上げを受け、ガソリン小売価格は2008年に記録した国内最高値1万9000ドン(約73.0円)を上回った。

http://www.viet-jo.com/news/economy/110224065955.html

『VIETJOベトナムニュース』より

こんなこと禁止する前にしなきゃいけないこといっぱいあるでしょっ!

ベトナムで夜間のオンラインゲームが禁止に
2011.02.23 16:40

ベトナムで夜間のオンラインゲームが禁止に

ベトナムでゲームをしようという方はご注意!

ベトナムでは3月3日から、午後10時から午前8時の間、オンラインゲームができなくなるかもしれません。

どうやらベトナムの情報通信省が、インターネットサービスプロバイダにその時間のオンラインゲームへのアクセスをブロックするよう働きかけているとのことです。

Info.VNによれば、情報通信省のレ・ナム・タン次官はこんな発言をしています。

地方情報通信省は、オンラインゲーム活動を国家規模で調査します。規則に違反する事業者に対しては、そのサービスを停止させる事で対応します。

これは、一晩中ゲームパーラーでゲームをする若い人々をターゲットにしたもののようです。

しかしオンラインゲーム事業者たちは、これは若者だけではなく、オンラインエンターテインメントを楽しみたい成人たちにも大きな影響を与え、またオンラインゲームのメンテナンスも難しくするものだと話しています。

ベトナム政府は法令を今年中に改正する予定で、それにより法令を改善していく意向のようです。海外では「未成人者は午後10時以降はネットパーラーに入室禁止、とかにすればいいのに」というコメントも。ソッチの方がいいと思いますけど、一体どうなるのでしょうか。

Late-night game parlours to be banned after 10pm [Info.VN via Kotaku] [Pic]

(abcxyz)

『Kotaku JAPAN』より

3近く年前に、NHKのニュースでキャノンのプリンター用のダンボールが最初は品質が一定しなくて困っていた場面がありました。
指導をして日本の品質基準を満たすまでが紹介されていました。
プリンター本体もタイ・ベトナム生産も品質に問題ないレベルにまで達したんですね。

プリンター本体を安く売って、消耗品(インク)で儲けるスタイルなのは分かります。
でもやはりインクは高すぎる。
なくなるのも早いし。

Canon キャノン PIXUS ピクサス インクジェット複合機 MG6130BK

キヤノン、家庭用IJプリンターを全量海外生産へ-タイ・ベトナムに集約
2011年02月22日

 キヤノンは家庭用インクジェットプリンターの生産体制を見直す。国内で製造する最上位機種をタイへ今秋までに移管する。10月に新工場も稼働するタイとベトナムに家庭用インクジェットプリンターの生産が集約され、全量海外生産になる。
 一方で国内では新規参入した業務用インクジェットプリンターに施設を含めたリソースを集中させる。生産を分担することで効率化、競争力を高める。また、消耗品の国内生産体制も再編する。
 キヤノンは現在、製造子会社の福島キヤノン(福島市)で家庭用インクジェットプリンター、PIXUS(ピクサス)シリーズの最上位2機種を製造する。その2機種は本体生産全体の1%未満にとどまり、主力機種はタイとベトナムの生産拠点で手掛けていた。タイへの移管で空いた福島キヤノン内のスペースは、フォトアルバムなどを印刷する業務用インクジェットプリンター製造に活用する。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320110222bjad.html

『日刊工業新聞』より

ようやくオープンしましたね。 ※10/8/31(火)の記事
Pham Ngu Lao(ファングーラオ)通りにできたようです。
今度行ってみよう。

Subway looks to take a bite out of Vietnam
Feb 22, 2011 08:27 am

Subway, the US-based sandwich-shop chain, last week marked its presence in Vietnam with the soft opening of Ho Chi Minh City’s store.

Subway looks to take a bite out of Vietnam

illustration photo

The store, which is to become Subway’s 1,000th store in Asia, is expected to officially go online in April, targeting Vietnam’s dominant young generation, white-collar workers, and women. The American firm is expected to bring up 50 shops throughout the country by 2015.Subway earlier planned to open Vietnam’s first store in August, last year with some additional three stores every year through the franchise cost of $100,000 per store, according to the firm’s press conference in Ho Chi Minh City in early 2010.

Karen Eidsik, general director of Subway in Asia, said: “Through surveys, we all have realised the huge potential of fast-food franchise in Vietnam and are going not to miss it. Subway will adjust its standard menu to meet Vietnamese tastes with more fresh vegetables and popularly favourable drinks.”

She added that with a “big country” like Vietnam, Subway wanted to make people aware of franchising opportunities. The population of Vietnam is 86 million, according to Vietnam’s General Statistics Office.

“We have also partnered with PepsiCo, which will become Subway’s exclusive supplier of drinks and snacks in Vietnam. As a leading international beverage company in Vietnam, PepsiCo is also providing diversified and well-marketed food,” Eidsik said.

Lam Van Hai, PepsiCo’s sales and marketing deputy director said: “This deal is in line with PepsiCo’s vision to provide Vietnamese consumers with the best-quality products together with international giants. PepsiCo and Subway have met each other in pursuing health-friendly products.”

PepsiCo has been recently well-known for a series of health-friendly products such as Pepsi Light, Aquafina, Isotonic 7up Revive, and Poca Snack in Vietnam.

In 2003, Subway chose Coca-Cola to be exclusive supplier of fountain drinks to its restaurants worldwide, wooing the chain away from PepsiCo, which had been with Subway since 1988.

Subway currently has more than 34,000 stores in 95 countries. Vietnam is the 10th country in Asia in which the company has chosen to invest.

Subway’s competitors such as Yum’s Kentucky Fried Chicken, Jollibee Foods Corp., the largest Philippine fast-food company, Lotteria and Pizza Hut have already had stores in Vietnam.

http://www.vir.com.vn/news/business/corporate/subway-looks-to-take-a-bite-out-of-vietnam.html

『Vietnam Investment Review』より

《追記》
この記事を要約した日本語の記事です。

米サブウェイ、1号店がホーチミンでオープン
2011/02/23 17:52 JST配信

 サンドイッチレストランのチェーン店を世界で展開している米サブウェイは先週、ホーチミン市に1号店の営業を開始した。同店舗はアジア市場における同社1000店舗目となった。22日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が報じた。

 同社は4月中に同店舗を正式に顧客向けにオープンする予定であり、顧客ターゲットは若年層、オフィスワーカー、女性。サブウェイのアジア地域代表は、ベトナムのファストフード市場には大きな成長余地が秘められていると評価すると同時に、2015年までにベトナムで50店舗の開店を計画していると語った。

 現在、同社は世界96か国で3万4148店舗を運営している。同社によるアジア諸国での事業展開はベトナムで10国目となった。

http://www.viet-jo.com/news/economy/110222065357.html

『VIETJOベトナムニュース』より

友達からイチゴをいただきました。
日本語のパッケージですがベトナムで生産されたものだそうです。

いちご イチゴ 苺 莓 dâu tây

ベトナムのイチゴは全然甘くありません。
このイチゴはベトナムのものに比べればかなり甘いです(日本で食べるとそれほど甘く感じないと思いますが)。
ベトナムの女の子が食べたら「甘い!」って驚いていました。

いちご イチゴ 苺 莓 dâu tây

本日は旧暦の1月15日。
旧暦の1日、15日は寺院に参拝して精進料理を食べる習慣があるそうです。
旧暦の1日、15日(およびその前日)は寺院のツアーを自粛している旅行会社もあります(混むため)。
その中でも1月と7月は重要だそうです。

ベトナム語で精進料理は「Cơm Chay(コムチャイ)」と言います。
そして精進料理を食べることこの習慣は「Ăn Chay(アンチャイ)」と呼ばれます。

本日、野菜のみの料理をごちそうになりました。
私はベジタリアンではないですが、こういった料理だったら肉なしでもまったく問題ないですね。
ごちそうさまでした。

ベトナムスケッチ 2005年10月号
ベトナムの精進料理に迫る!

精進料理 元宵節 Ăn Chay アンチャイ Cơm Chay コムチャイ