昨年の11月25日、ホーチミン市7区に「Thiên Sơn Plaza」という商業施設がオープンしました。
場所は「FV病院」の隣で、国際展示場 「SECC – Saigon Exhibition & Convention Center」の交差点をはさんだ対角線上です。

Thiên Sơn Plaza ティエン ソン プラザ 800 Đại lộ Nguyễn Văn Linh, P.Tân Phú, Q. 7
http://www.thiensonplaza.com.vn/

オープンして1ヶ月以上経つのに、あちらこちらで「Coming Soon」。

Thiên Sơn Plaza ティエン ソン プラザ 800 Đại lộ Nguyễn Văn Linh, P.Tân Phú, Q. 7

The Sushi Bar」の5号店や、シュークリーム専門店「ビアード・パパ」などが入っています。

Thiên Sơn Plaza ティエン ソン プラザ 800 Đại lộ Nguyễn Văn Linh, P.Tân Phú, Q. 7


施設名:Thiên Sơn Plaza
住所(越語):800 Đại lộ Nguyễn Văn Linh, P.Tân Phú, Q. 7
住所(英語):800 Nguyen Van Linh Street, Tan Phu Ward, District 7

ベトナム人は自国の通貨「ドン」を信用していません。

【社説】3つの通貨の国ベトナム
2011年1月4日 15:32 JST

 過去10年の金融緩和策年代記を書くなら、ベトナムに1章を割く価値はある。同国政府は、抜本的な改革をなおざりにしながら安価な信用を利用して成長を促進しようとした。その結果が今、表れつつある。

【社説】3つの通貨の国ベトナム

Associated Press

 12月のベトナム消費者物価上昇率は前年同月比11.75%と、1年10カ月ぶりの高さだった。同国通貨ドンは、国内での価値低下を受け対外的にも弱含んでいる。こうした状況を受け投資家はドン建て資産の保有を控えており、同国から資本が流出している。

 ベトナム企業の債務返済で問題が起きれば、一段の流出につながりかねない。国有造船会社ビナシンは先月、対外債務6億ドル(約490億円)のデフォルトに陥った。ムーディーズとスタンダード・アンド・プアーズはこの1カ月に同国格付けを引き下げている。フィッチは昨年7月にそうしていた。

 ビナシンのような企業は、4、5年前には安い融資を受けて波に乗っていた。こうした企業が投資を増やしたことから、与党共産党の意図通り国内総生産(GDP)成長率が加速。ベトナム国家銀行(中央銀行)は、2007年には50%前後の信用拡大を容認した。同国は、投資が主導し信用が後押しする中国モデルにならおうと必死だった。

 現在、信用拡大ブームは破綻に向かっている。インフレ率は08年半ばに28.3%と、17年ぶりの高水準に達した。現在の環境が無害に思えるほどの高さだ。労働者の購買力はがた落ちし、工場では賃上げを求めるストが相次いだ。

 世界的な景気後退の後遺症でインフレ圧力は一時的に弱まったが、中銀が利下げし、融資を奨励したため、ほどなく09年終盤に過熱が再び頭をもたげた。これを受け、政府は10年10月末に法律を施行し、国による価格統制を可能にした。外国企業からは、この法律が不当に輸入品を標的にしているとの不満が聞かれる。

 中国と同様、食品を中心とした一部物価の上昇は、不作による一時的な供給不足が要因だ。成長経済によくみられる長期的な家計購買力の上昇や生産性の向上が一因のケースもある。ただ、消費者物価上昇率は、金融緩和政策がなければこれほど高くなかっただろう。消費者は、ドン安進行が怖くなければ、金や米ドルの貯蓄や取引をしないはずだ。ベトナムは再び3つの通貨の国になりつつある。前回1980年代には、インフレ率が一時500%近くに達した。

 経済的な解決策は単純。引き締めをすればいい。中銀は確かに11月初めに主要政策金利を1ポイント引き上げはしたが、インフレ観測の高さからみると、大きく立ち遅れている。問題は、政府から独立していない中銀が、相変わらず成長に焦点を置いていることだ。そのため先月には、企業が資金調達で大きな問題を抱えないようにするため、インフレの脅威にもかかわらず市中銀行の融資金利に上限を設けた。

 絶対的な権力を持つベトナム共産党は、中国の成長モデルをなぞりたいと願っている。中国政府が悟った通り、投資主導型経済は世界的な景気停滞においてはマイナスだ。ベトナムは民間部門の開放や生産性向上の促進を怠ったため、さらに不安定な状況におかれている。そうした改革なしにこのまま信用拡大を奨励すれば、持続的なインフレ高進が待ち受けている。

http://jp.wsj.com/Opinions/Columns/node_166385

『ウォール・ストリート・ジャーナル日本版』より

本日はベタなお店をご紹介。
ホーチミン市1区のNguyen Trai通りに「Zen Plaza」というショッピングビルがあります。

The Sushi Bar II スシバー2号店 Zen Plaza, Lầu5, 54-56 Nguyễn Trãi, P. Bến Thành, Q. 1

その5階にあるのが「The Sushi Bar」の2号店。

The Sushi Bar II スシバー2号店 Zen Plaza, Lầu5, 54-56 Nguyễn Trãi, P. Bến Thành, Q. 1

ランチの握り寿司定食 95,000 VND(本日のレートで約399円)。
別途10%の税金がかかります。
なので税金込みの値段は 104,500 VND(約439円)。

The Sushi Bar II スシバー2号店 Zen Plaza, Lầu5, 54-56 Nguyễn Trãi, P. Bến Thành, Q. 1

2人で 213,000 VND(約895円)。


店舗名:The Sushi Bar 2(スシバー2号店)
住所:Zen Plaza, Lầu5, 54-56 Nguyễn Trãi, P. Bến Thành, Q. 1
WEB:http://sushibar-vn.com/

本日は昨年末からホーチミン市1区の「9月23日公園」で開催されている「Taste of the World Culinary Festival 2010」へ。
年をまたいでいるので「2010」とは変な感じです。
前回は12月初旬の開催で、英語表記は「Taste of the World 2009」でした。
今回は「Taste of the World Culinary Festival 2010」。
ベトナム語表記は変わらず「Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước」。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

本日は最終日。
多くの人で賑わっていました。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

日本食も数店オープン。
知らないお店が出店していました。
聞くと1区のNguyễn Văn Cừ通りにある「Shabu Sushi」というお店だそうです。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

細巻きの串刺し。
こりゃないだろう。
このお店行ってみたいとは思わない。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

公園の池のステージでショーが始まる。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

ショーが始まっているのにパソコンでゲームに興じる音響スタッフ2人。
みんなに丸見えなのに。
さすがベトナム。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

シンガポール料理の「Lion City」でカニを食べることに。
1kg、250,000 VND(本日のレートで約1,036円)。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

1.2kgなので300,000 VND(約1,243円)。
高いな~。
パンは「サービスですと」言って付けてくれた。
もう1個頼んだら10,000 VND(約41円)取られた。
これくらいサービスせ~よ。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

演劇も。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

竹馬で遊ぶコーナー。
ドイツ人たちが四苦八苦してチャレンジ。
そもそも乗り方自体が間違っている。
サポートする方も分かっていないし。
よく見ると他のベトナム人も全然乗れていない。
あまりに見かねてサポートする。
その後私が見本見せようとすると、ドイツ人がサポートしようとする。
私は「いいよ、いいよ」と言って普通に乗る。
そこらじゅうを軽やかに歩くとベトナムの小さい子から若者たちも含め拍手喝采。
あれには驚いた。
ホーチミン市の子供たちも竹馬できなくなっているのかな。
その後、子供たちが乗るのをしばらくサポートしました。

田舎などではよく見かける「Cầu Khỉ(猿の橋)」と呼ばれる一本橋。
これを両手のザルと頭に載せたボールを落とさず渡り切ると景品がもらえる。
みんな失敗していました。
写真の娘は見事ゲット。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

「9月23日公園」のベンタイン市場側の別のイベント会場。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

しかし毎年のことながら信じられない数のバイクですね。
これがテト前まで続きます。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

「ホーチミン市人民委員会庁舎」前の広場もイルミネーションで彩られています。

Taste of the World Culinary Festival 2010 Liên hoan Ẩm thực Món ngon các nước 2010

昨夜一緒に飲んだメンツで来たのはHさんだけ。
他の選手は「優勝してメダル独占だ~!」なんて言っていましたが...

写真は新年から頑張って参加したティーンエージャー組。
最近2ヶ月近く参加できなかった私は彼らと練習するのは久しぶり。
以前よりずっと強くなっている。
ちょっとアドバイスするだけでどんどん上達していく。
素晴らしい。
期待してるぞ若人!

初稽古

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も「イニシャルサイト」をよろしくお願いします。

ちなみに今年は「ウサギ」年ですが、ベトナムでは「ネコ」年です。

謹賀新年 猫年 ねこ年 ネコ年 2011年 平成23年

チベット・タイ・ベトナムでは2011年は「猫年」

チベット・タイ・ベトナムでは2011年は「猫年」

今年はうさぎ年。日本では年賀状や干支の飾りには、必ずと言っていい程うさぎの飾りやマークがあしらわれている。しかし世界各国では、必ずしもうさぎ年と認定されているわけではないとの事。

なんとチベット・タイ・ベトナムでは、日本で言う「うさぎ年」は「猫年」となる。また、フランスやベラルーシでも、一部では猫年とされている場合があり、飾りなども猫をかたどった物になっている。

私たちの知っている干支の始まりとしては、猫はネズミに騙され競争に参加できず、ネズミが1位になる話が有名。これは中国やロシアなど、日本と干支が同じ地域ではほとんど普及しているそうだが、猫年となっている理由については、言葉の変化など諸説あるものの明らかにはなっていない。

ちなみにうさぎ年の縁起話としては、兎の穏やかな様子から家内安全、跳躍する姿から飛躍を表しているそうだ。不況で経済が落ち込んでいる日本が、うさぎ年にあやかって今年は飛躍できる年になれば良いのだが……。

http://rocketnews24.com/?p=63497

『ロケットニュース24』より