ベトナム政府は絶対に外国人の「おいしいどころ取り」はさせません。
その逆はありますが。
それを認識したうえでベトナム進出を図らないと痛い目にあいます。

財政省、赤字計上の外資系企業に厳しく対応へ

財政省、赤字計上の外資系企業に厳しく対応へ
2011/01/28 12:25 JST配信

 財政省によると、赤字を計上している外資系企業は約120社あり、これにはメトロキャッシュ&キャリーやビッグCなどの大企業も含まれる。特にメトロは2001年から2009年まで連続して赤字を計上し、赤字累計額は1兆1570億ドン(約46億3000万円)に上っているという。26日付カフェエフが報じた。

 経済専門家レ・ダン・ゾアイン氏は、一部の外資系企業が「振替価格操作」をして税金逃れのために赤字を計上し続けているのではないかとみている。ゾアイン氏は、外資系企業の経営状況を調査し、振替価格操作をしていたことが判明した場合は追徴税を課すなどの措置を取るほか、赤字の続く企業には閉鎖措置も検討すべきと主張している。

 ドー・ホアン・アイン・トゥアン財政次官は、赤字額が資本金より大きい外資系企業の資料を取りまとめ、法人資格の見直しを計画投資省に要請する考えを示した。同次官は「赤字が本当なら、企業に資本の増強を求めなければならない。追加投資をしないならば認可取り消しを検討しなければならない」と話した。税務総局は今年、赤字を計上している外資系企業の査察を強化する計画という。

http://www.viet-jo.com/news/economy/110128100420.html

『VIETJOベトナムニュース』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation