以前にもマック進出の話はありましたが、結局実現せず。
今回各種ソースからは蓋然性が高そうですが、在越者は冷めた感じで見ているような気がします。

私が最後にマック食べたのはK社長とだったような。
タダ券もらってもK社長にあげちゃうくらいだから、進出しても私は利用しないな。
ベトナムに初めて来た人に「マックってないんですか?」ってよく聞かれるので、今回取り上げました。

米マクドナルド、ベトナム進出 長期的に100店舗、販売競争過熱へ
2013.6.19 10:00

米マクドナルド、ベトナム進出 長期的に100店舗、販売競争過熱へ

フィリピン・マニラにあるマクドナルドの店舗。同社はいよいよベトナムにも上陸する(ブルームバーグ)

 外資ファストフードチェーンのベトナム参入が相次ぐなか、米マクドナルドがいよいよベトナムに進出する。成長を続けるベトナムの消費市場をめぐり、今後、同国ファストフードの販売競争が一段と過熱しそうだ。

 現地紙ベトナム・インベストメント・レビューによると、マクドナルドの経営幹部がベトナムを訪れ、2年以内にホーチミン市内に2店舗を出店、その後はハノイ進出も視野に入れ、長期的に100店舗まで増やす計画を明らかにした。

 今後、新鮮な食材を調達するための供給網の整備や店舗スタッフの育成を進めるという。

 ベトナムにはすでに米ケンタッキーフライドチキン(KFC)や韓国ロッテリアが参入、それぞれ100店舗以上を展開している。昨年10月には米バーガーキングも同国に進出、ホーチミンに11店、ハノイに6店と店舗数を拡大している。米スターバックスも今年2月、ホーチミンに第1号店をオープンさせた。

 一方、フライドチキンを中心とした米ポパイズは、現地需要を取り込めず今年初めに撤退するなど、同国市場参入の難しさも露呈した。

 ベトナム商工省によると、同国ファストフード市場は、2011年には前年比30%増の8700億ドン(約39億1800万円)に達している。(シンガポール支局)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130619/bsk1306191001006-n1.htm

『SankeiBiz(サンケイビズ)』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation