日本企業の社長がバンコク経由で本日ホーチミン市へ。
以前の記事で紹介したホーチミン市1区のDinh Tien Hoang通りとDien Bien Phu通りの交差点近くにある「磊々(Lai Lai)」へ。 ※1/29(金)の記事
1区と言っても中心部からは離れていて、観光客ターゲットではない店です。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

今回は1階席へ。
1階はすべてベトナム人。
うまくいっているのが分かる。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

ここの店のシステムは以前の記事を参照してください。 ※1/29(金)の記事
とりあえず注文した肉の写真(説明割愛)。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười
溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười
溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười
溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

野菜の量が増えたような気がしたが、後で写真をみると実際にナスが増えていた。
前回野菜の量が少ないと感じていたが、単に材料の在庫不足なだけだったのかな?
T社長はオクラ(特にベトナムの)が大好きらしく、別途オクラを注文。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

1人前くらいと思っていた卵スープは2,3人前。
いらないと言っていたT社長も食べておいしいとのコメント。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

前回のチョレギサラダが失敗だったので、豆腐のサラダ。
うん、おいしい。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

写真には撮らなかったが、石焼ビビンバやライスなど他にも注文。
本当は豚も行こうと思ったのだが、T社長がすでに食べないモードに突入。
最初に注文した時点でも、量が多いと思ったらしく「ええっ」て驚いていた。
以前一緒に食事したときは、私が入院してもおかしくないほど高熱でダウン寸前な時だった。
なので今回初めて大食いと認識したらしい。
さすがに私も遠慮してデザートを注文。

メニューにはシャーベットしかない。
店員の特に愛想の良かった子(ちょっと日本語がたどたどしい)に「アイスクリームないの?」と日越両方の言葉で尋ねる。
「ごめんなさい、ありません」と回答。
なのでシャーベットを注文。

しばらくすると制服の違う日本語の達者な女性(マネージャークラス?)が来て「すみません、シャーベットが品切れです。アイスクリームならあるんですが」とのこと。
おい、おい。

溶岩石焼肉 磊々 来来 lái lái らいらい Nướng Thịt Cười

以前の記事でも「安いのにおいしい」と褒めたものの、「会計間違えた」と補足。
今回もデザートの件が。
でも個人的にはマイナスにならないけど。
「ベトナムだし~」という気分になれるのも、このお店が良いからだと思います。
まだ鍋試していない。
う~ん、期待してしまう。
屋台、定食屋やローカルカフェなど以外は同じ店にはあまりいかない私ですが、ここはリピートしたいですね。

ごちそうしていただいたのでいくらだか忘れてしまいました。
T社長ごちそうさまでした!


店舗名(日本語):溶岩石焼肉 磊々(Lai Lai)
店舗名(越語):Nướng Thịt Cười ※日本語の意味は「笑う焼肉」
住所:109 Đinh Tiên Hoàng, P. Đa Kao, Q. 1
WEB:http://www.nuongthitcuoi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation