お願いしま~す!

法人税率の引き下げ案、2013年に国会提出へ
2012/12/10 12:34 JST配信

法人税率の引き下げ案、2013年に国会提出へ

(C)VnExpress,DT

 政府は来年の国会に法人税率の引き下げ案を提出する予定だ。ブー・バン・ニン副首相が、3日にハノイ市で開かれたベトナムビジネス

 VBFでは、ベトナム商工会議所(VCCI)のブー・ティエン・ロック会頭をはじめとする国内外の多くの企業団体の代表者が政府に対し、企業に対する税や手数料を引き下げるよう提案。特に法人税率を現行の25%から20%に引き下げるよう要請した。

 ニン副首相は、投資を奨励し競争力を高めるための法人税率の引き下げは、既に2020年までの税制改革スケジュールに組み込まれているが、昨今の困難な状況を踏まえて、政府は来年、国会に引き下げ案を提出することで合意していると発表した。ただし、要請通り直ちに20%まで引き下げるのは難しいとした。

 VCCIによると、ベトナムの法人税率25%は周辺諸国と比べ高いという。中小企業に対する法人税率はタイ、韓国、台湾、日本などで17~23%が適用されている。

http://www.viet-jo.com/news/economy/121207093541.html

『VIETJOベトナムニュース』より

One Thought on “法人税率の引き下げ案、2013年に国会提出へ

  1. 法人税を軽減することが期待
    法人所得税に関する法律の草案では、財務省が25%から23%、20%に法人所得税率を減らす提案している。草案によると、法人所得税率は23%です。200未満の従業員と20億ドンの売上高は、20%の法人税を採用する中小企業。
    http://trendnex.biz/home-eng/51-japanese/2419-2012-12-16-16-12-51

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation