ベトナムとは直接関係ありませんが、日本本社が横浜の関内にあるのと、私が横浜生まれ、横浜育ちということで。

横浜には、「キングの塔」、「クイーンの塔」、「ジャックの塔」と呼ばれる建物があります。

  • 神奈川県庁本庁舎 – キングの塔
  • 横浜税関 – クイーンの塔
  • 横浜市開港記念会館 – ジャックの塔

この横浜三塔を一望するスポットをめぐると願いがかなう、という都市伝説「横浜三塔物語」って、テレビで初めて知ったけど、私が高校、大学の時には聞いたこともなかった。
山下公園でデートすると別れるってのは聞いたことありますが(この手の話はいくらでもありますからね)。

「All About」に詳しい記事があります。
横浜三塔 関内の歴史的建造物をめぐる

写真は左から、「神奈川県庁本庁舎(キングの塔)」、「横浜税関(クイーンの塔)」、「横浜市開港記念会館(ジャックの塔)」です。

歴史感じる「キング」公開 神奈川県庁本庁舎

写真は All About より

歴史感じる「キング」公開 神奈川県庁本庁舎
2012年5月3日20時9分

歴史感じる「キング」公開 神奈川県庁本庁舎

開放された屋上から横浜港を眺める人たち=3日、横浜市

「キング」の愛称で親しまれている横浜市中区の県庁本庁舎が3日、一般公開された。1928(昭和3)年の完成で、洋風建築に和風の屋根を載せた当時流行の「帝冠様式」で知られ、国の有形文化財に指定されている。第3応接室(旧貴賓室)や大会議場(旧議場)が公開されており、知事執務室も扉の外から見学できる。 小雨がぱらつく屋上に出た人たちは、目の前の横浜税関の塔や港を見渡して歓声を上げていた。横浜市保土ケ谷区星川から両親と訪れた中田大地君(10)は「すごくいい景色。天気のいい日にまた来たい」とはしゃいでいた。

4日も午前10時から午後4時まで公開される。

http://www.asahi.com/national/update/0503/TKY201205030330.html

『朝日新聞』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation