ようやくって感じですね。
もう何年も、「着工、着工」って記事にはなっていましたが。
5年前には、2010年着工で、2013~14年には運行開始なんて言っていましたが。
さて実際の運行はいつになるんでしょう。

ホーチミン:メトロ1号線が着工、運行は2018年の予定

ホーチミン:メトロ1号線が着工、運行は2018年の予定
2012/08/29 13:31 JST配信

ホーチミン:メトロ1号線が着工、運行は2018年の予定

(C)CafeF

 ホーチミン市人民委員会は28日、ディン・ラ・タン交通運輸相、谷崎泰明駐ベトナム大使らの参列の下、同市都市鉄道(メトロ)1号線(ベンタイン~スオイティエン間)の着工式を行った。28日付カフェエフが報じた。

 タン大臣は同市人民委や施工業者などに対し、計画通りに工事を実施し、市内の交通渋滞の緩和と交通事故の削減、市の都市開発や経済社会発展に貢献するよう求めた。この案件には日本が政府開発援助(ODA)を行っており、谷崎大使は「メトロ1号線は市民が利用する交通機関を変える大きなターニングポイントになるだろう」と述べ、着工を祝福した。

 メトロ1号線は2018年の運行開始が予定されている。旅客輸送能力は当初は1日当たり18万6000人だが、2020年には62万人、2040年には102万人まで引き上げられる計画。全長は19.7キロで、ホーチミン市1区、2区、9区、ビンタイン区、トゥードゥック区、東南部ビンズオン省ジアン町を通る。将来的には東南部ドンナイ省ビエンホア市まで延伸される可能性がある。

http://www.viet-jo.com/news/economy/120829091000.html

『VIETJO 日刊ベトナムニュース』より

One Thought on “ホーチミン:メトロ1号線が着工、運行は2018年の予定

  1. ザガン on 2020年1月19日 at 04:30 said:

    (1)2012年8月、ホーチミン市メトロ1号線が着工する。ホーチミン人民委員会と交通運輸大臣らはメトロ1号の運行開始を2018年に予定。

    (2)ホーチミン市人民委員会はメトロ1号線の高架区間の完成は2017年の半ば。地下区間を含め全体の完成は2019年。運行開始は2020年を予定。(2016年1月19日付のViet-Jo)
    (3)ホーチミン市共産党のニャン書記長はメトロ1号線の開通が2021年初めになるとの見通しを発表。(2019年3月26日付のViet-Jo)
    (4)ホーチミン市人民委員会はメトロ1号線の開通予定を2021年10月~12月になると延期宣言。(2019年11月20日付のViet-Jo)

    2020年1月現在、高架区間さえ完成しておらず、デポ(車庫)も完成していません。レール設置もほとんど進んでいません。レールの無いところに電車は走りません。2021年の末に開通できますか? 見通し甘くないですか? ベトナムの財政力に対して、いっぺんに19.7kmという鉄道工事は無理です。財政体力的に見て無理です。工事区間を半分に分ける。つまり第1期工事と第2期工事に分けて、第1期が完成、開通してから第2期に着手する。10km未満の工事をつなげていく方法でないとベトナムでは鉄道工事がスムーズに進まないことがよくわかりました。 約20kmの区間をいっぺんにやろうとすると、当然、各現場の現場出来高も20km分が発生するわけでして。当然20km分の工事代金請求書が発生します。建設業界は基本、現場出来高払いです。それに対応するだけの財政的体力がホーチミン市にはありません。最初から無理な計画だったと言わざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation