ベトナムでも景気の停滞感が漂う昨今、物価ばかり上がってもらっても困ります。

ベトナム消費者物価、8月7.5%上昇
2013/8/24 18:18

 ベトナム統計総局は24日、8月の消費者物価指数(CPI)上昇率が前年同月比7.5%だったと発表した。1年3カ月ぶりの高水準で3カ月続けて上昇幅が拡大した。医療、教育費や電気代などが上昇。品目別では医薬品・ヘルスケア関連が54.86%、教育関連が14.52%と大幅に値上がりし、食品・食材類も2.96%と上昇基調にある。

 1~8月累計のCPI上昇率は前年同期比6.9%。ベトナム政府は通年のCPI上昇率を前年比6~6.5%に抑制したい考え。だが、世界銀行がベトナムの今年のCPI上昇率を8.2%と予想するなど、目標達成は厳しいとの見方が多い。(ハノイ支局)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2401V_U3A820C1FF8000/

『日本経済新聞』より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation